「リサイクルトナー.NET」では、今話題の地球環境に優しい「リサイクルトナー」について解説しています。

リサイクルトナーのデメリット

印字品質
新品トナーに比べ、不良率がアップします。
もちろん新品トナーでも、初期不良はありますが、最近では大幅に軽減され、大体1%ぐらいの確立なんだとか。
それでももともとのトナーの型や、リサイクルをする工場、業者によっても変わってくるはずなので、一概に不良品率が高いとも言い切れないのかもしれませんが、一般的にはそういわれているようです。インターネットで調べればその辺りの評価をしている口コミサイトがあるかもしれません。
最近の業者では リサイクルトナーをはじめてお使いの方も安心してお使いできるよう、女性スタッフがしっかりサポートしている所も増えてきています。
色合い
カラートナーの場合、純正トナーと色合いが若干異なります。
もちろん純正トナーでも、メーカやプリンタの機種にで違う場合もありますが、これはメーカーとは違う会社がトナーをリサイクルしているのでどうしようもないことなのかもしれません。
メーカ保証
保証対象外となり、なかには有償修理のケースもあります。。
リサイクルトナーを導入する時には提供元に保証がどうなっているのかを確認しましょう。

recommend

2017/9/14 更新