「リサイクルトナー.NET」では、今話題の地球環境に優しい「リサイクルトナー」について解説しています。

リサイクルトナー

リサイクルトナーとは?

「リサイクルトナー」とは、呼んで字のごとくリサイクルされたトナーのことです。それでは説明にならないのでもう少し詳しく説明すると、普通は使い終わった後捨ててしまうはずのトナーを回収して、染料を充填したり、弱ってきた部品を取り替えて再度使えるようにしたリサイクルトナーのことです。最近では、はじめてリサイクルトナーをお使いの方も安心してお使いできるよう、女性スタッフがしっかりサポートいたしますと親切なリサイクルトナー販売店もありますね。
リサイクルトナーは、環境問題を考えているというのは勿論のこと、リサイクルトナーを使用することによって、経費もかなり節約することが出来るのです。リサイクルトナーは、正規品のトナーに比べると約半額くらいの値段で購入できますので、経費削減を考えているという会社にはオススメです。

リサイクルとはいっても、カートリッジの重要な部品そのものをリサイクルすることが多く、ほとんど新品同様に蘇らせることができるそうです。また、以前は適当に修復していたトナーですが、(こう書くと誤解がありそうですが・・・)最近では審査もドンドン厳しくなってきていて、そんな厳しい審査の元でリサイクルの部品交換と品質検査が行われるので、「それじゃあダメだ」というダメ出しを恐れた企業の努力により、品質もドンドン向上しているそうです。トナーカートリッジの部品「ドラム」「マグローラー」「帯電ローラー」「ワイパーブレード」「トナー」等の重要な部品は新品と交換し、クリーニング・点検・印字テストまで行うことが多いようです。(全てを新品にせず、リサイクルに出されたトナーの中から優良な部品を再利用することもあるようです)

もともとは使い終わってしまえばポイっと捨てられてしまうはずのカートリッジトナーを、新品とホトンド変わらない品質、性能でよみがえらせる再度有効に使ってあげるというトナーにも、消費者にもそして地球にもやさしいリサイクルトナー。さらに、リサイクルの際に「さすがにコレは使い得ないでしょ」と不良として判断された部分までも再生業者によって燃料やアルミなどの原材料に生まれ変わります。リサイクルトナーは、地球の環境を考えたものなのです。

リサイクルトナーのはじまり

リサイクルトナーは、元々欧米からきた技術です。当時あったトナーは各プリンターメーカーがプリンター機器自体は安く販売して、カートリッジトナーなどの消耗品を高く販売しょうという考えを良しとしないところから始まったとされています。何だか車自体はそこまで高くないにも関わらず故障が多くて修理代の方が高くついてしまうどこぞの車メーカーの車みたいですね。。。
しかし日本ではまだ10年ぐらいの歴史しかなく、カートリッジの再利用率も全体の20%程度とかなり低い割合でしかリサイクルされていません(80%は捨てられてしまっているのです)すでにアメリカではカートリッジ全体の約50%(残り50%も、ゴミ扱いしないで分解後リサイクルしています)と言われています。100%は難しいのかもしれませんが、地球環境のことを考えると是非達成してほしいですよね。何だかこうやって遺憾が得るとリサイクルトナーってとてもステキな感じがしませんか?

Valuable information

Last update:2017/9/14